法人理念・沿革

Corporate Philosophy and History

沿革

昭和14年10月 函館市中島町に医院開設。
 20年9月 現在の地に診療所(精神科、神経科、内科)を開設
 25年8月 渡辺病院を開設。外科を新設。総病床数39床
 27年8月 呼吸器科を新設。総病床数120床となる
 29年4月 医療法人 渡辺病院設立(医療法人 北海道第1号)
 7月 皮膚科、泌尿器科、産婦人科を新設。総病床数191床となる
 30年9月 本館新設。病床数251床となる
 33年1月 医療法人 渡辺病院分院(198床)を開設
法人総病床数449床となる
分院内に神経研究所を開設
 35年10月 開放生活療法病棟を増築
 37年10月 法人総病床数576床となる
 42年10月 耐火構造3階建本館新築
 45年9月 医療法人渡辺病院美ヶ丘病院を大野町に開設。精神科、神経科60床
 46年3月 医療法人渡辺病院美ヶ丘病院、精神神経科100床、内科34床の計134床となる
 59年2月 開放生活療法病棟を解体、西棟を新築
病床数668床(分院198床を含む)
法人総病床数802床(美ヶ丘病院を含む)
 3月 医療法人渡辺病院美ヶ丘病院、精神神経科110床、内科24床となる
 61年5月 分院を廃止、本院と合併
 8月 南棟にデイ・ケアセンターを新設
 62年5月 麻酔科新設。診療科目の変更
内・呼・循・消・外・皮・泌・精・神内・理・放・麻
 6月 精神科デイ・ケアの施設基準承認
 10月 医療法人渡辺病院美ヶ丘病院、精神神経科134床となる
 63年1月 精神科作業療法施設基準承認
平成元年4月 病院名称変更。医療法人函館渡辺病院
 3年4月 整形外科新設
 4年1月 MRI(磁気共鳴イメージング装置)導入
 5年7月 本院院外処方実施
 7年10月 3DヘリカルCT導入
 10年4月 SPD(物品管理システム)の導入
 12年8月 医療法人函館渡辺病院美ヶ丘病院、精神科神経科66床となる
法人総病床数734床となる
 14年3月 医療法人函館渡辺病院美ヶ丘病院閉院
法人総病床数668床となる
 4月 新中央棟新築
 12月 グループホームゆのかわ開設
 15年1月 医療法人函館渡辺病院附属ゆのかわメンタルクリニック開設
 9月 精神障害者福祉ホーム 啓明ホーム開設
 16年4月 MRI(磁気共鳴イメージング装置)1.0T更新
 12月 新地下厨房(給食)新築
 17年9月 精神障害者グループホームゆのかわⅠ・Ⅱ 湯川2丁目に新築移転
 10月 精神障害者ホームヘルパーステーション あまりりす開設
  12月 特定医療法人認可
  18年2月 特別医療法人認可
 4月 あまりりす「指定障害福祉サービス事業所 ヘルパーステーションあまりりす」へ名称変更
  6月 法人名変更 特定・特別医療法人 函館渡辺病院となる
 8月 診療科目「神経内科」を「神経科」へ変更
 10月 グループホームゆのかわ「指定障害福祉サービス事業所 グループホームゆのかわ」へ名称変更
あまりりす「指定障害福祉サービス事業所・指定訪問介護事業所・指定介護予防訪問介護事業所 ヘルパーステーションあまりりす」へ名称変更
指定居宅介護支援事業所 ケアプランセンターあまりりす開設
 20年2月 訪問看護ステーションあまりりす開設
 3月 法人総病床数632床となる。
 11月 社会医療法人認可
 12月 新東棟新築
 21年1月 法人名称変更 社会医療法人 函館渡辺病院 となる
 2月 CT装置64列更新
 10月 日本医療機能評価機構認定病院となる(Ver.5)
 12月 認知症疾患医療センター開設
 22年2月 電子カルテ・PACS導入
 24年4月 認知症疾患医療センター 道より地域型センターとして認可
 25年7月 生理機能システム導入
 9月 法人総病床数581床となる
 26年2月 高齢者複合施設 ケアタウン昭里開設
中央棟増設工事
 3月 第2MRI 導入
 8月 法人名称変更 社会医療法人 函館博栄会となる
 10月 社会福祉法人 函館博栄会設立
 12月 グループホームゆのかわ 社会福祉法人 函館博栄会の経営となる
病院機能評価 更新認定(3rdG:ver.1.0)
 27年5月 グループホーム湯くら開設